ウォーターサーバーにはどんな種類がある?

ウォーターサーバーに関する疑問や悩みを解決!

ウォーターサーバーのボトルとサーバーへのこだわり

ウォーターサーバーもメーカーにより、多種多様なサービスがあり、悩んでしまいます。 しかし重要なのは、何を優先すべきかという点です。 全てが思い通りのサーバーに巡りあうのは難しいかもしれませんが、項目毎に理想を予めあげておき、優先順位を決めておくと、理想により近いものに巡りあえるでしょう。

ウォーターサーバーの仕組みと機能性

ウォーターサーバーは、タンク1つで冷水・温水が出ます。 その仕組みは、サーバー内が冷水用と温水用に分かれており、そこで冷やされたり温められたりするためです。 冷温を保つために必要な電気をより少なくするエコモード付きや、子育て中のご家庭には必須のチャイルドロック等、様々な機能が取り入れられています。

もともとは法人(オフィス)向けのサービス

会社では、社員の飲料用の他に、お昼の時間帯で大勢の社員が使用する場合、ポットのお湯では足りなくなることがありますが、そんな時に大容量のウォーターサーバーが活躍します。 また、外から戻ってきた社員の水分補給に、冷たい水もすぐに出すことができます。 会社としては、災害時の備蓄としてもオススメです。

おすすめリンク

日本トリムの評判を知ってほしい!

水素水のパイオニア日本トリム!評判も良く企業体制もしっかりしているから、就活におすすめです!

就活の面から見る日本トリムの評判とは?

高待遇で働きやすいと評判の日本トリムで働きたい!高いスキルが必要だけどその分やりがいもある!

OBに聞く日本トリムの評判

就活で日本トリムに関わったOBから評判を聴取!とにかくやる気と成長性を重要視しています!

日本トリムでは学歴より評判や人間性を見る

チャレンジ精神や仕事に対する責任感など、日本トリムは周りの評判や人間性を重視する企業です!

奥野高徳ってどんな人物?

伝説のスカウトマンで有名な奥野高徳は、どんな人物だった?実際に会って聞いてみました!

理想のサーバーと巡り合うための準備

アメリカやヨーロッパをはじめとする海外でウォーターサーバーは、100年以上前から普及されているという歴史がありますが、日本ではここ10年で急速に普及したまだまだ歴史の浅いサービスです。
その理由としては、日本の水道水は、法定基準をクリアした安全なお水であり、極めて安値で各家庭まで供給されていることがあげられます。
では、なぜ近年ウォーターサーバーが急激に普及し始めたのでしょうか?
それは、環境ホルモンによる環境汚染をきっかけに、水道水の安全性を不安視する人が増えてきたことと、原発事故により人々の不安が決定的なものとなったことです。
目に見えない「放射能」はどこまで拡散しているのか?正誤を問わず色々な情報が伝えられたことで、不安と混乱を招き、その結果、災害時の備蓄としてだけでなく、安心・安全にも答えるウォーターサーバーが注目され始めました。
ウォーターサーバーのお水は、「天然水」と「RO水」の2種類があります。
天然水は、極めて深い地層から採水される地下水を原水とし、RO水は、水道水を極小サイズの孔を備えた膜でろ過しているため、心配される放射能の影響もない安心で安全なお水と言えます。
現在、様々なメーカーからウォーターサーバーが出ていますが、ボトルやサーバーへのこだわりも多く、安全性についてよく考えられています。
ボトルには、給水時にボトルが潰れることで給水されるエアーレス方式を取り入れ、最後まで空気に触れないことで空気中の雑菌を入り込ませない仕組みになっています。
また、サーバーにも取り込んだ空気をボトルに給気する過程で浄化する装置や、お水が常に入っているタンク内を殺菌するために一定間隔で熱湯消毒を行う仕組みを取り入れています。