ウォーターサーバーに関する疑問や悩みを解決!

ウォーターサーバーのボトルとサーバーへのこだわり

失敗しないウォーターサーバーの選び方

数多くの中から商品を契約することは、なかなか難しいものです。
使い始めてから後悔することのないよう、3つのポイントを確認しておきましょう。
まず1つ目は、お水を選びます。
天然水とRO水どちらも放射性物質等の影響を受けない安全なお水ですが、ろ過の仕組みが異なり、成分やコストに違いがあります。
2つ目は、サーバーです。
チャイルドロックは、ほとんどが付いていますが、外し方がメーカーによって異なるので、お子様がいる家庭には少々複雑なロックを居ない家庭には解除しやすいものが良いでしょう。
3つ目は、お水の容器と宅配サービスです。
お水の容器には、使い捨てとリターナルボトルがありますが、使い捨ては保管場所を取らない、リターナルボトルはゴミが出ない、とそれぞれに利点があります。
宅配のペースも、注文時と定期配達があり、都度注文が面倒な方は定期配達が便利ですが、消費量が月によってまばらな場合は都度注文がオススメです。


1番気になる月々のコスト事情

選び方の重要ポイントでもある月々のコストには、見落とされがちなものもあります。
ウォーターサーバーは継続してお水を購入するためランニングコストがかかる商品ですので、お水の値段が安いからという理由だけで選ぶと落とし穴があるかもしれません。
肝心なお水は、配送時の最低注文本数が決まっているところが殆どなので、単純に1本あたりが安いものが自分に合っているかはわかりません。
量も7~12Lと幅広いため、注文本数とお水の量、それと自分が毎月消費すると予想される量をしっかりと確認した上で、お手頃価格のものを見つけるのが望ましいでしょう。
もう1つ忘れてはいけないコストが月々の電気代です。
ウォーターサーバーは、サーバー内で水を冷やしたり温めたりしているため、常に電気が必要な家電です。
その電気代を少しでも抑えるための「エコモード」機能が付いたサーバーもあるので、電気代を節約するための機能も確認しておきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ