ウォーターサーバーに関する疑問や悩みを解決!

ウォーターサーバーの仕組みと機能性

子育ての強い味方!ウォーターサーバー

赤ちゃんは体が小さく、内臓も未発達なため、多くのミネラルを分解することができず、ミネラルが豊富な硬水を与えると内臓機能の低下や下痢などを引き起こす可能性があります。
日本のお水の多くは軟水ですが、水道水は塩素などの薬品を使用して殺菌しているため、使用する際はその都度沸騰させる必要があります。
しかし、ウォーターサーバーは、薬品を一切使用しておらず、定期的に放射線検査も実施しています。
使用中も空気に触れない設計になっており、無菌状態を保つことも特徴で、衛生面も安全面も優れています。
やはり1番便利なのは、赤ちゃんのミルク作りの時です。
ミルク調整は、粉ミルクをお湯で溶かし、ひと肌になってから飲ませるのが基本ですが、お湯を沸かし、冷ます時間はお腹を空かせて泣いている赤ちゃんを前にするとじれったいものです。
ウォーターサーバーは、コック1つで温水、冷水を出せるため温度調整がラクで時間短縮にも繋がります。



ウォーターサーバーと浄水器の違いはどこ?

ウォーターサーバーよりも歴史がある浄水器。
どちらも「安全できれいなお水」というイメージですが、どちらがいいのか迷う方も多いようですので、2つの特徴を見ていきましょう。
浄水器は、専用のろ過装置を購入し、家庭の水道に設置して水道水をろ過して使用します。
ろ過装置は、ホームセンターでも購入でき、設置も簡単なものが多いため、手軽に利用できることと、スペースを多く取らないことが特徴です。
一方で、スペースを多く取ってしまう点では、ウォーターサーバーは浄水器に敵いませんが、置く場所と電源があれば、水回り以外のリビングや寝室などどこにでも設置できるのが利点です。
低コストで一定の品質のお水を飲むのにぴったりな浄水器と、浄水器よりも高いレベルの安心・安全なお水を飲むのに適したウォーターサーバー、どちらにもメリットがあるので、自分の生活スタイルや目的に合わせて選ぶと良いでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ